しらゆき姫 口コミ

MENU

「しらゆき姫」の姫はクンニとシックスナインで積極的に

名物の骨付き鶏をつまみに、ハイボールを飲んでいる高松の風俗管理人ハムです。讃岐うどんを食べに高松までやってくる人は少ないですが、骨付き鶏が食べたいとやってくる人は多いのです。ほろ酔い気分になりながら携帯で風俗情報を調べていたら、ヘルスとソープが同時オープンしていました。ヘルスは何となくわかるけど、ソープの新規オープンはできるのでしょうか!名義変更できなのでリニューアルによる新規店だと思いますが、夏まっ盛りにオープンしたソープ「しらゆき姫」の話をします。

 

風俗街にヘルスとソープが新規オープン

片原町駅のリーガルホテル裏にある焼き鳥「えんぎ屋」で、夕食と晩酌タイムになりました。高松名物の骨付き鶏は、皮がパリッとして中身はジューシーなんです。これ1本食べたら腹いっぱいになるボリュームがあります。他県からやってくる風俗愛好家も、ソープの前や一戦終わった後の楽しみにしているのです。ハイボールを飲みながら風俗情報を調べていたら、ファッションヘルス「マーガレット」とソープランド「しらゆき姫」が同時にオープンしてました。どちらも系列店らしいですが、口コミによると他県からの進出だということです。

 

新規ソープ店は10代と20代前半がメイン

ヘルスよりもソープが気になるのでホームページを開くと、場所は風俗街のソープ「金瓶梅」向かいになっています。しらゆきグループのチェーン店だそうですが、ソープの新規開店は許可が下りないので、リニューアルして店名を変更したのかも知れません。骨付き鶏を食べて汗をかいたし、ひと風呂浴びに行ってみようと思いました。コンパニオンの写真をみると、10代から20代前半がメインで35名以上在籍しているのです。システムは、60分22,000円・90分32,000円になっています。財布の中身を確認すると問題なし、高松の風俗管理人として体験レポート開始です。

 

店内のパネル写真はネットと同じ顔ボカシ

店に電話するとスタッフの対応は親切で、店頭でパネル指名できると教えてくれました。片原町のリーガルホテルまで無料送迎車にきてもらい、ソープ「しらゆき姫」の玄関先に横付けです。スタッフの案内で受付に行き60分総額22,000円を支払い、カウンターの上にあるパネル写真を見学しました。姫の顔だしは一人もおらず、ホームページと同じボカシが入っています。待ちなしの即姫は2名ですが、どちらも若くてスレンダーだからパネル指名はパス!トイレで用を足しでてきたら即ご案内となりました。

 

店内も部屋もキレイだけど何かがたらん

通路のカーテンを開けると、切れ長の目をした和風美人が立っています。おでこにキスできるくらいの身長で、おっぱいは推定Cカップだと思います。手をつなぎながら階段を上り、部屋に入ると新築のようにキレイでした。高松のソープは外観や店内の改装で、許可は必要ないのでしょうか!とりあえずベッドに座りウーロン茶をいただきました。バスタブにお湯を張ったらフルアシストの脱衣となります。スケベ椅子に腰かけて体を洗ってもらい、混浴で潜望鏡もなくマットの準備に取りかかりました。うつぶせになって背中と脚のマッサージ、あお向けになったら前身リップと生フェラ、ボディー洗いを省略して騎乗位の合体! うーん、なんか足らんと思うんよね。

 

マットで発射することなく、ベッドに移り姫を責めさせてもらいました。耳を攻めると首を横にして逃げるし、キスしようとしたら頭を抱えてオッパイに誘導するのです。ひょっとしてキスはNG!と思っていたら、クンニとシックスナインは積極的でした。姫のひざを抱えてM字開脚のまま合体!脚を肩に担ぎ上げて屈折位!さらに脚をクロスさせたらアエギ声が大きい!! 時間的余裕もないので発射オーライしちゃいました。

 

高松ソープの評判を体験談から考える