香川県 金瓶梅

MENU

サービスは姫によって多種多様な「金瓶梅」

高松の風俗管理人ハムは、ほろ酔い気分で抜くなら瓦町のピンサロ!恋人気分を楽しむ時はデリヘル!お風呂とマットならば城東のソープランドと決めています。ちょっと遅い気もしますが、高級ソープとして知られる「金瓶梅」が公式ホームページをリニューアルしました。お気に入りの娘がいれば、前日から予約することができるのです。

 

高松のソープ街は港のド真ん中にある

高松のソープ街は、旧八重垣遊郭の跡地にあります。琴電片原町駅の海側が風俗街で、陸側のフェリー通りが歓楽街です。半島のように突きでた港の中にあり、港湾施設と倉庫と風俗店しかありません。昼間は閑散としていますが、夜になると港の中央部だけがネオンで染まります。タクシーやマイカーを使うより、黒塗りの無料送迎車がお得です。城東二丁目のソープ街で営業しているのは14店舗!ちょいと離れた歓楽街の古馬場町に1店舗あります。

 

高松の高級ソープがHPリニューアル

高松の高級ソープランドとして有名な「金瓶梅」が、ホームページをリニューアルして前日予約できるようになりました。ということで、ビールを飲みながら改装後のサイトを訪問してみたのです。ホームを開くと安っぽい感じで、高級店というイメージのデザインではありません。しかし、女の子の動画と写メ日記は充実してきました。10代から20代後半までの泡姫が15名在籍しています。顔だしの19歳も可愛いけど、薄ボカシの20歳が気になるのです。コンパクトなスレンダーボディーはストライクゾーンど真ん中!90分28,000円にネット指名2,000円で総額30,000円ですが、明日の夕方8時に前日予約しました。

 

一杯飲んだら無料送迎車でピックアップ

時間調整と晩酌をかねて、瓦町駅のフェリー通りにある焼肉の「古馬場精肉店」に立ち寄りました。牛スジ煮込みとハイボール2杯で1,000円からお釣りがくるのです。この店は週末なら朝方5時まで営業しているので、飲んだ後の締めとして人気があります。予約1時間前に確認の電話を入れ、瓦町駅前のレンタサイクルで送迎車にピックアップしてもらうのです。時計をみながら待機していると、黒塗りの国産車がピタッと横付け!瓦町から瀬戸大橋通りに進み、東宝イン高松とベルコのを直進し、東濱恵比須神社先にあるソープ街まで5分少々で到着しました。無料送迎車で店の前に横付けされると、気分は最高です。

 

顔ボカシの指名は当たり外れが多い

受付で総額30,000円を支払い、上がり部屋でタバコに火をつけようとしたらご案内!いくら予約していても早すぎます!エレベーターの前で指名した20歳とご対面です。スタイルは好みですが、ルックスは少しキツネが入っているような姫でした。こんなことなら、顔だししている19歳にすればよかった!アシスト無しで服を脱ぎ、即尺を期待してるとパスでしょうか!姫もサッサと裸になって洗体開始となります。ゴシゴシ洗うのは間違いで、ソープらしくエッチに洗って欲しかった!そのあとは、混浴→潜望鏡→マットで合体→小休止→ベッドで合体→洗体→入浴でした。

 

ソープ「金瓶梅」は高級店だから、即尺と即々プレイはあたり前と思っていました。女の子によってサービスに違いがあるようです。ちょっとガッカリしましたが、若いからアソコの締まりは抜群だったのです。マットで1発!ベッドで2発目を発射させてもらいました。プレイが終わって添い寝していると、キツネ目も可愛いと思えてくるのです。帰りは送迎車の手配ができず、タクシーで歓楽街まで送ってくれました。ちょっと得した気分です。

 

高松ソープの体験談