Douse cafe(ドゥース・カフェ) 高松 ソープ

MENU

生フェラ騎乗位後に混浴が良かった「Douse cafe(ドゥース・カフェ)」

高松の風俗管理人ハムは、どんなに頭にきても笑顔で冷静に対処する仕事をしています。時には胃に穴の開きそうな訪問者もいるのです。日々たまるストレスを発散するには、風俗が一番スッキリすると思っています。などと理屈をつけながら、今回は風俗の殿堂プレイスポットビル4階にあるソープ、「ドゥース・カフェ」で欲求不満になった話です。

 

風俗依存症の原因は性欲3割で精神的依存7割

人間誰でもストレスは溜まると思いますが、女性はショッピングや旅行でストレス解消するそうです。男性のストレス解消法は、競馬や競輪そしてパチンコなどのギャンブル!居酒屋やキャバクラなどの飲食店!ソープ、ヘルス、デリヘルの風俗店となっています。ストレスを解消するのではなく、ストレスを溜めないことが重要だというリポートもあるのです。なるほどね、ギャンブル依存症とか、アルコール依存症は聞いたことがあるけど、風俗依存症なんてあるのでしょうか!気になるから精神科医のHPで調べると、原因は性欲3割で精神的依存7割になっています。

 

風俗依存症になってしまったサラリーマン

 

ソープで迷ったらプレイスポットビルを目指せ

ネットに風俗依存症のチェックシートがあったので、40項目に記入して調べた結果「重度の性依存症」という診断がでました。そういえば近ごろ風俗も利用してないし、欲求不満がたまってイライラしてると思うのです。高松の風俗管理人ハムは、思い立ったら直ぐ行動がモットー!財布の中身を確認して中央交通タクシーを自宅に呼び、城東二丁目の風俗街まで走らせました。どこに行こうか迷った時は、風俗の殿堂「プレイスポットビル」を目指すのです。2階から4階までソープだけど、今回は直感で「ドゥース・カフェ」に決めました。

 

フリーの姫は化粧品会社の美容部員みたい

エレベーターで4階に上がり受付に行くと、美しい女性スタッフが迎えてくれます。受付嬢でこのレベルならと期待しちゃいました。サービスコースは45分15,000円で、基本コースは60分22,000円から、VIPコースは120分40,000円と説明してくれます。今回は60分22,000円コースの指名無しでお願いしたら、1,000円割り引いてくれました。待合室でお茶を飲んでると声がかかり、ドキドキしながら姫とご対面です。目鼻立ちの整った現代風な姫で、化粧品会社の美容部員みたいなイメージを受けました。

 

騎乗位から抱っこスタイルで発射オーライ

フルアシストで服を脱がせてもらい、バスタオル1枚でベッドに腰かけました。姫も手際よくオールムードになると、バスタオルの中に手を入れてオチンチンをモミモミしてくるのです。半立ちになったら即尺開始となり、大衆店で即尺ありですか!と思うまもなく即々プレイになっちゃいました。生フェラからシックスナインに変化して騎乗位で合体!起き上がって抱っこスタイルになったらブチューッとキスしてきました。お互いにギューッと抱き合ったまま発射オーライです。

 

プレイの前後が逆になりましたが、1戦終了してからの混浴も良いもんです。「マットはどうしますか?」と姫が聞くので、時間がないから今回はパスさせてもらいました。体を拭いて添い寝していたら、オチンチンを触ってくるのです。お返しで乳首をコネコネしていると、お互いその気になってきちゃいました。それならばもう一回戦と思った瞬間!ラスト10分前のサインがあったのです。連射はあきらめて着がえたらバイバイだけど、このモヤモヤした気分をどうしてくれるのでしょうか!

 

地元民おすすめの高松ソープ