華下天満宮の交差点 セクキャバ

MENU

「LOVE LOVE キッス」の素人っぽい娘とプチポチャさん

今夜はデリヘルのお気に入りをリザーブしていますが、出勤スケジュールの関係で9時の予約になりました。時間調整で一杯やろうと歓楽街をブラブラしてたら、呼び込みが「抜き屋ですけど どうね」って声をかけてきます。「抜きは予約があるから」って断ると、40分5,000円で飲み放題のセクキャバ「LOVE LOVE キッス」を紹介してくれた話です。

 

時間調整で歓楽街を歩くと抜き屋がいた

高松の風俗は色々あるけど、城東町のソープが警察の摘発を受けてヤバそうなんです。ピンサロはデブのオバちゃんばかりだし、箱物ヘルスよりデリヘルの方が楽しくなってきました。今夜はお気に入りのデリヘル嬢を予約していますが、スケジュールの関係で夜の9時になってしまったのです。時間調整をかねて歓楽街にでかけると、フェリー通りで呼び込みが声をかけてきました。「抜き屋ですけど どうね」っていわれても、今夜は抜きの予約があるのです。「抜きは予約があるから」って断ったら、セクキャバ「LOVE LOVE キッス」を紹介してくれました。

 

店内は話し声も聞こえないほどの大爆音

セクキャバでも行こうかと思っていたので呼び込みについていくと、華下天満宮の交差点を渡ったバス停の前にある「LOVE LOVE キッス」でした。看板を見ると今の時間帯なら40分5,000円で飲み放題!入口にいた店員に料金を支払い、椅子に腰かけシステムを聞くと4人交代制だそうです。準備ができたので店の中に入ったら、いきなり大爆音が聞こえてきました。この時点で会話はムリだと判断し、キスとオッパイだけを目的にします。席にすわってビールを注文し、グラスに注いでいると一人目のコンパニオン登場です。

 

一人目の女の子は素人っぽい普通の娘さん

一人目は20代前半の普通の女の子で、可愛くもないしブスでもありません。瓦町の駅ビルでショッピングしているような、素人っぽい娘さんです。何かしゃべっているけど聞こえない!耳に手をあてて「なんですか?」といっても伝わりません。こんな大爆音の中で話してたら、10分持たずに声が枯れてしまうと思います。ここはセクキャバだから、ほかのコミュニケーションがあるでしょう!ということで、女の子を抱っこちゃん座りさせキス、ちょっとタバコ臭いけどガマンして、ディープキスに持ちこみました。オッパイは推定Cカップのお椀タイプで、柔らかいけど弾力があるのです。

 

二人目の女の子は母性を感じるプチポチャさん

10分ぐらいでチェンジとなり、二人目の女の子は若いけどプチポチャさんでした。会話をしても爆音で意味が分からず、両手でカムカムの合図をするとヒザの上にまたがってきます。キスしてオッパイをさわろうとしたら、胸のボタンをはずして生オッパイをポロリ!脂肪分が多いのかも知れないけど、マシュマロみたいな柔らかさなんです。胸の谷間に顔をうずめて深呼吸!プチポチャちゃんに母性を感じちゃいました。ここで3回目のチェンジになりますが、女の子がやってきません。ひとり取り残されたような気分で待っていると、スレンダーな美少女が席に着いたのです。久々の大ホームラン!と心の中で叫んでいるのに、店員が来て席を間違えたそうです。

 

3回転して覚えているのは席を間違えた美少女だけ

店員を呼んで席を間違えた美少女を指名できるか聞いたら、延長すれば呼べるそうです。延長したい気持ちはあるけど、デリヘルの予約時間があります。ガックリしていると三人目の女の子がやってきました。ロリ系の可愛い子ですが、さっきの美少女が目に焼きついています。結局三人まわってきたけど、覚えているのは席を間違えた美少女だけ!帰りがけに店員から名前を教えてもらいメモしちゃいました。はき溜めにツルといいますが、めったにお目にかかれない掘り出し物だったのです。

 

高松のセクキャバ特集