GOLD FISH(ゴールドフィッシュ) セクキャバ

MENU

ロリタイプとディープキスが楽しめた「GOLD FISH(ゴールドフィッシュ)」

高松の飲み屋には、スナック・クラブ・居酒屋・焼き鳥屋・キャバクラ、そしてセクキャバがあります。スナックやクラブに行くことはないけど、美味しいものを食べて一杯やるなら居酒屋。一人カウンターでじっくり飲むなら焼き鳥屋。キャバクラよりソフトなエッチを楽しめるセクキャバが多いと思います。ということで今回は、セクキャバ「ゴールドフィッシュ」の話をしましょう。

 

歓楽街でディープな香りがする古馬場町

高松の歓楽街は、片原町商店街のアーケードから瓦町へと続くフェリー通りがメインになります。ピンサロは片原町と古馬場町周辺で、セクキャバは華下天満宮と志度街道を渡った周辺にあります。歓楽街の呼び込みは数が少ないし、強引な客引きはしません。時々女性の客引きに出あうこともありますが、ついて行ったらホテルに誘われたこともあるのです。高松の風俗管理人ハムが好む場所は、ディープな香りのする古馬場町になります。メイン通りの1本裏スジになり、ラブホもあるのです。最近の情報によると、ガールズバーなるものが4店舗できたそうです。

 

フェリー通りの古馬場十字路で一服してたら

ガールズバーというのが気になったので古馬場町を歩いてみたら、フェリー通り沿いに2軒と志度街道周辺に2軒ありました。ものは試しでガールズバーMonstylをチェック!若い女の子が多いスナックみたいで、エッチは期待できそうもありません。セット料金の他に女の子のドリンク代が加算され、値段が張りそうだから直ぐに店をでました。フェリー通りに戻り古馬場町の十字路で一服していると、呼び込みが声をかけてきたのです。「おにいさん、もう一軒どうですか」っていうから「なに屋さんね」と聞きなおすと、「うちはオッパブです」と応えてくれます。

 

一人目はロリタイプのコンパクトギャル

場所を聞くと、直ぐそばにある恒栄ビルの2階でした。店の名前はセクキャバ「ゴールドフィッシュ」です。日本語にしたら金魚でしょうか!とボケながらシステムをチェックすると、今なら1セット5,000円で遊べるそうです。受付で料金を支払い店内に入ったら、先客が多いので安心しました。ウーロン茶をたのみ待つこと5分で、一人目のコンパニオンがやってきたのです。20代前半でロリタイプのコンパクトギャル!少し頭のネジがゆるい感じの娘でした。あいさつするとヒザにまたがり、首に手をまわして抱っこちゃん座り!軽いキスのつもりが舌をからめたディープキスになりました。セクキャバは、これが本当のサービススタイルです。

 

二人目も可愛いけど三人目はペチャパイ

10分ぐらいでコンパニオンの交代となり、二人目も若くて可愛い娘でした。キスしてオッパイにさわると、推定できないほど小さいのです。自分のオッパイとあまり変わらないペチャパイさんでした。可愛いけど、オッパブでペチャパイはありえません。シリコン入れたら人気がでると思いました。三人目のコンパニオンは、これまた若くて可愛いのです。この店に先客が多かった理由もわかってきました。あらためて周囲をみわたすと、みんな楽しそうに遊んでいます。

 

一番最後には、初めについたロリタイプの可愛い子が戻ってくると思っていたのに、二人目のペチャパイさんがやってきたのです。店員を呼んで初めについた娘を指名できないか聞くと、延長すればOKでした。延長料金6,000円を支払い、今度はチューハイを注文しました。5分ぐらいで指名した娘がやってきて、キスキスキスのキスに生オッパイのサービス!指名すればマンツーマンと思っていましたが、10分でチェンジになりました。ヘルプでやってきたのは、ペチャパイちゃんだったのです。

 

延長したら総額10,000円オーバーしちゃいました。指名した娘とマンツーマンではなかったけど、それなりに楽しむことができる店です。しかし、店をでてフェリー通りを歩いていると、やっぱり何か物足りなさを感じてきました。セクキャバの限界だと思いますが、もう少し過激なサービスを期待したい!