@Netion(エーネーション) ヘルス

MENU

仁王立ちで口内発射した「@Netion(エーネーション)」

高松のヘルスは、代替わりやリニューアルが多くなってきました。ソープ跡を利用して新規開店したヘルスもあれば、ヘルス跡の施設をそのまま利用して進出してきた大手チェーン店もあるのです。今回はAYUAYU倶楽部の跡にグランドオープンしたヘルス「@Netion(エーネーション)」の話をします。

 

高松のヘルスは風俗街と歓楽街に分かれている

高松のヘルスは、城東町の風俗街とフェリー通りの歓楽街にあります。風俗街のヘルスはソープ跡地を利用した店が多く、部屋は広いし完全個室になっているのです。歓楽街のヘルスはカーテンで間仕切りされ、シャワー室がありません。マットとヘルスを楽しみたいなら風俗街で、歓楽街のヘルスは抜くだけと思ってください。地元では、風俗街のヘルスを正統派といい、歓楽街のヘルスはピンサロと呼んでいます。店の代替わりやリニューアルも多いので、地元の風俗情報を参考にしましょう。

 

AYUAYU倶楽部の跡にヘルスが新規オープン

城東町の風俗街を歩いていたら、ヘルスAYUAYU倶楽部が閉店しヘルス「エーネーション」になっていました。アイパッドで検索すると簡単なホームページがあり、40分10,000円からで写真指名1,000円になっていました。しかし、女の子の写真は顔ボカシばかりで写真指名する意味がありません。この店は「マットOKで〜す!」の表記がある娘もいるので、マット&ヘルスの店だとわかります。せっかくだから、一番短いお試しコースのフリーで試すことにしたのです。場所は、東濱恵比寿神社の先を曲がった第一宮本ビルの近くを参考にしてください。

 

頼んだ好みと正反対のタイプがやってきた

ヘルス「エーネーション」の外観や内装はそのままでした。受付でフリーのお試しコースを伝えると、即姫は6人でマットのできる娘は2人ということです。お試しコースにマットはないので、若くてスレンダーな娘をお願いしました。待合室で一服していると声がかかり、女の子とご対面です。スレンダーで若い娘を頼んだのに、プチポチャのお姉さんタイプじゃないですか!デリヘルなら即チェンジだけど、グッとガマンしてプレイブースに向かいました。

 

今夜はサービス地雷の予感が・・・

室内も旧AYUAYU倶楽部のままで、木枠のマットベッドが置いてあります。シャワー設備とマットプレイができるスペースもあり、歓楽街のヘルスより広くて居心地がよい!会話しながらセルフで服を脱ぎ、シャワーを浴びたらプレイ開始となります。あいさつのキスから気持ちだけの乳首なめ、竿なめに玉なめでアナルなめはパス!手コキしながらの会話タイムとなりました。ヘルスで遊んでいるのに、ヘルス客のグチを話しだすのです。天井をみつめながら、今夜はサービス地雷を予感しました。

 

今夜の悪夢は続きそう・・・

オチンチンが小さくなってしまったので、責めさせてもらうことにしました。キスしようとしたら口を一文字にしてるし、乳首に吸い付くと「強くしないで!」って拒否するのです。クンニはどうかと思いM字開脚にして、口を近づけたら事件発生!生ゴミみたいな匂いがしてきました。股の付け根をナメただけでカンベンしてもらい、戦意消失のままプレイ終了前のサインが鳴ります。ムカッとしてシャワーを浴びると、ここで始めてのフェラなんです。仁王立ちのまま頭をかかえてピストンマックス!ドビューッと口内発射してやった!

 

店長のマネージメント不足だと思うけど、お試しコースは何のためにあるのでしょうか?新規客によい印象を与えて、リピート客になってもらうためやろが!店のランキング嬢とはいいませんが、サービス地雷の娘なら二度とお客はもどってきません。40分10,000円は安いけど、一日8時間働いた労働単価なんや!といいたい。

 

地元民おすすめの高松ヘルス